news

AKANE LIV舞台出演情報

9月に名古屋にて行われます朗読劇「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」への出演が決定しました。

【公演タイトル】
あいちトリエンナーレ2013 オープン アーキテクチャー・スぺシャル企画
朗読劇「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」
【日程】
2013年9月27日(金) 18:00開演(17:30開場)/21:00終演予定
2013年9月28日(土) 15:00開演(14:30開場)/18:00終演予定
※全2幕、途中休憩あり。
※開演前に会場施設見学あり(27日17:00~17:50/28日14:00~14:50)
※27日は公演終了後にポストパフォーマンストークあり。
【会場】名古屋陶磁器会館ホール(愛知県名古屋市東区徳川1-10-3)
【入場料】無料/全席自由定員:各50席(計100席)
【スタッフ】
作:田尾下哲、長屋晃一
演出:田尾下哲、田丸一宏
音楽:茂野雅道
制作協力:ノート株式会社
主催:あいちトリエンナーレ実行委員会

【出演】ベアトリーチェ・チェンチ/娘:AKANE LIV
フランチェスコ・チェンチ/父:戸井勝海
ルクレツィア・チェンチ/母:安田佑子
ベルナルド・チェンチ/弟:前田秀太朗
オリンピオ/召使:小林裕
グイド・レーニ/画家:岸田研二

【作品概要】
フェルメールの世界的名画『真珠の耳飾りの少女』のモデルとなったとも言われている、グイド・レーニ作『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』。暴力的な父親殺しの罪で断頭台へ向かう直前のベアトリーチェは、斬首に際して髪の毛で斧の刃が滑るのを防ぐためにダーバンを巻いて、その時を待ったという。しかし、力なく振り返った彼女の眼には、これから死を迎えることへの絶望感ではなく、ある種の「希望=光」が輝いて見える。まるで、心の中でこう語りかけているかのように―――。
この世は光で満ち溢れている。